真夏の東京に雪が降る

いってきました、EXシアター。
Jr枠は落選したのでくっそ!!ってなってたんだけどもそんなある日仕事で色々あってむしゃくしゃして軽率にチケットサイト見たら定価で出てたので2日位悩んだものの気づいたら買ってた。怖い怖い。

f:id:sninmmo:20170810205311j:plain


f:id:sninmmo:20170810205332j:plain

超久しぶりのEXで暑い中外での入場待機にビビってたんだけどカンカン照りじゃなかったし雨も降らず丁度いい天気だったのでとても助かった。
うん年ぶりにペンラを購入しガッツリ紫のシャドー入れて参戦してきました(無駄情)


いってよかった!!!!(大声)
初めて単独公演行ったんだけど素晴らしかった!!!

立見でしかも1番最後列だったから身長通常モードにしての参戦。
会場と客席の高さが同じだから正直言うと見えない部分のが多かった。
でもでもでも2バル行く時に埋もれが見える僅かな隙間があるんだけどみんなかがんでそこから手降ってくれて嬉しかった!!
みんなめっちゃキラキラしててカッコ良かった!!!(語彙力)

備忘含めて頭から書くと終わりが見える気がしないからメンバー毎個人的に感じたとこだーっと勢いで。

*ふっか
もう全部がイケメン!!!!ますます好きになりました。
callのOh My God!はやたらと高い声できて笑った。流石っす。

MCで舘さんが読めない漢字があるっていうくだりで「平仮名最高!!!!」って言った後に「自分で言っといてあれだけど平仮名最高って・・・www」ってはにかむのあざとくない???

コントの時は玉ちゃんと山崎賢人と寺田心のモノマネな。なべさくが「あ〜違う違う」っていって帰ってくる時に都度都度玉ちゃんの曲中の英語フレーズ呟いてモノマネ頑張ってた(笑)

シャワゲかSummer上々か忘れたけど松潤のモノマネをするふみきゅんのモノマネやってて予期してなかったのでただただごちそうさま(?)でした。

こうやってMCとコント可愛いでしかないのに歌とダンスの時の真面目な顔して踊るイケメンとのギャップ!!!ずるい、ずるすぎる・・・

さっくん
踊りが美しい・・・めっちゃ滑らか・・・
人をひきつけるダンス・・・
次はもっと近くでみたい・・・

セクゾのコメ歌ったのはビックリだったしそこにヲタ芸ダンスぶっこんできたのにもビックリしたけどキレっキレですごかった(笑)
「やっぱりやりたい〜」って駄々こねた感じに言うのが可愛かった。

MC中は笑い声が響く響く。さっくんの笑い声聞こえるととても心が和む。癒し効果絶大。
健ちゃんみたいな響く笑い方するのは気のせい??(多分気のせい)

最初の方で2バル移動する時1回つまずいて転んでたけど大丈夫だったかな??

*なべしょ
樹がいたのもあるけど終始ご機嫌。ニッコニコ。
相変わらずダンスがチャラい。生で見ると特に。舘さんとシンメになると際立つんだけど許せるのは何故だろう。

Give me間違えないで踊れてよかったね!!!
切なさましましでうう、、、ってなった。

最後の挨拶ふっかにふられて「え、ちょ、まって、何も考えてない・・・」って同様しちゃってたの可愛い(甘い)客席みんななべしょに甘い。とにかく甘い。

あと北樹のなべしょの扱い。お互い大好きなんだね。「北斗にいじられると尚更余計嬉しい」
この発言、可愛いでしかない。明日以降北樹と楽屋同じになって慎太郎が加わっても骨にならないようにかつ夏バテに気をつけてね。

「こんなに汗かいちゃった♡」って最後に背中向けてセクシーアピールするのずるい。

*舘さん
ミルクティーヘア最高なんですけど???
真面目な人が休み中に垢抜けた感。
黒も茶色もいいけどこの色も好き、全然あり。

ダンスがメンバー1力強い。メンバー1イケボ。
山Pソロのチョイス最高。
でもそんなイケボから一転したコントのロボットの声の高さには笑った。

阿部ちゃんに「読めない漢字聞いてきた」って暴露されてて「分からないのあると阿部に聞いちゃう」って素直に認めるイケメン力(違う)

あと「翔太、ハットとって」ってイケボでの翔太発言してハット受け取る姿みてうう、だてなべ・・・ってテンション上がったよね、うん。

*ひーくん
あんなに沢山のラップ聞いたの初めてだったんだけど想像以上のクオリティだった・・・
Going!のラップは色々思うことがあってうう、ってなりつつ感動してた。

あの見た目なのにくしゃ〜ってした笑顔がとっても可愛い!!菩薩笑顔最高。怒っちゃうぞ!とかいって最初にめちゃくちゃ厳つい顔するのに秒で変顔してくるあたり。なんだこのギャップ。

ふっかも言ってたけどDinga素晴らしい。(どこがいいの?って聞かれても全部としか言えない位よかった)

浮世艶姿最後タイミングズレて踊れなかったのか
笑っちゃって決めポーズすらできてなかったのはひー君にしては珍しいな・・・っていう印象。

*阿部ちゃん
大学院生かつアイドルの阿部ちゃんマジリア恋枠・・・
そしてたまにでるブラック阿部ちゃんよき。
舘さんの漢字読めない時は〜のくだりからの「分数の計算出来なかったよね??」ってさりげなくdisったのがツボだったのでこれからもそういうメンバーだからこそ知ってる情報どんどん教えてください。

じゃなくての阿部ちゃんは可愛いくて言うならばマイナスイオンが溢れ出てた。
言われたい、違うこの答えこれじゃくなくてって(何の話)

あと阿部ちゃんってライブだと結構喋ったり進めたりするのね。しっかり者の末っ子。



個々の好きだった、ツボだった箇所は一旦以上(なんか忘れてるような気がしなくもないけども)



コンビ系でいうとじゃなくて歌う横でいちゃこらするいわふか、浮世艶姿で向き合って歌うあべさく、一緒に歌ってるのに目合わせないだてなべなとなどメンバー同士の絡みもそれぞれのらしさがでてた気がする、、、



滝沢歌舞伎行けなかった人間としては浮世艶姿とブギウギ生で見れたのが嬉しかった!!
ブギウギは少クラだとso everybody〜のとこでふっか映しててその時ふっかさん首傾げてるから全員そうなのかな?って思ったけど舘さんはやってなくて阿部ちゃんはやってたんだよな〜
阿部ちゃんの首こてん素敵でした。

あとはコントの怪談話の時にヌンボの2人の名前も出してくれてんんんミスノ・・・!!って言葉にならない感情が。

みんなキラキラ輝いてて手降ってる姿はまるで王子様・・・
かっこよい・・・









あ〜Snow Man最高。












公演があっという間でとってもとっても楽しかった!!!
epilogラスト全員で一斉に後ろむいて背中向けて階段上がって退場するセットの中に入ってく演出は満足ともう終わっちゃうっていう寂しさが交錯した気持ちでみてた。




とにもかくにも素晴らしい公演をありがとう!!!
とてもいい夏の思い出ができました!!!






そしてSnow Man単独公演おつかれさまでした!
連続してSnow Man×SixTONES公演になるけど体調崩さないように気をつけて皆さんにたくさんの幸せを届けてください!!!!!!


f:id:sninmmo:20170810205728j:plain

また単独公演やる日を楽しみにしてます!!
(その時はV6の曲もセトリに入れてくれると嬉しいな・・・♡)



Snow Man大好き!!!!!!

三宅担からJrへのありがとう

以下の内容については個人的主観が入っているとこが多々あるかと思うので、あ〜あなたはそう考えたるんだふ〜ん、位に受け取ってもらえれば。

あと如何せん日本語が苦手なのにも関わらずかなり勢いで書いたので変だなと思うとこがあってもニュアンスで読んでください。
健ちゃん、さっくんという言葉が連呼しますが普段の呼び方がそうなのでそのまま書いてます。


サブタイトルは健ちゃんとさっくん(一応その他のスノメンバー)です




とてつもなく意外だったんですよ。あの健ちゃんにガツガツいく後輩がいるということ、そしてあの健ちゃんがなんだかんだいいながらも心を開いたこと。

健ちゃんはあんまり後輩と絡む機会が無く、あったとしても嵐、タキツバ、たまにNEWS位までだったかな。
そんなに後輩と絡むイメージはないし、ジャニーズが大集合してコラボメドレーとかやる時も決してその中に意図的には入っていこうとしないタイプなんですよ。新しい所に入るよりかは同じメンバーの森田さんと一緒にいることが多いくらいで極端にいうと人見知り。

かつ健ちゃんといえばなかなかな潔癖症でメンバー以外の人に触られるのが専ら嫌いである。それが顔のしれた振付師や後輩ですら。(20周年コンサートMCで本人談)

だからこそそんな健ちゃんが滝沢歌舞伎2016にでると聞いた時Jrとの絡みはどうなるのか・・・と勝手に私は心配していた。

が、こちらの勝手な心配を打ち破る男がいた。
それがSnow Manの佐久間大介(通称:さっくん)。
めっちゃストイックなところに惚れた!と言っていたさっくん、ポロポロと彼に関する話があちらこちらからでてくるけど彼は本当にすごい。

・毎日のように楽屋に行き、しまいにはあがりこんでご飯を一緒に食べる。
・健ちゃんに何を言われようとも決してめげずに健く〜ん!!!と歩み寄る
・稽古終わり松竹の楽屋前で健ちゃんの着替えを待つも健ちゃんに逃げられる、が、粘りそこからご飯にこぎつける
・健ちゃんだけでなくマネージャーにまでしつこいととらえられ、次第に健ちゃんに転送されるメールもマネージャーに選別される始末

とまぁ、他にも色々あるんだろうけど私が知ってるのは一旦この辺り。
最初はしつこい、おまえはいい!と言っていた健ちゃんだったがそんなのは口だけ。
実際は可愛くてしょうがない(推測だけど)

健ちゃんの性格からして本当に嫌いなら相手にすらしない、本人いなくても話にすらださないんだけどさっくんの前とかさっくんの話をしてる時って全くその感じが伺えないんですよ。

本人不在のラジオでもSnow Manは「佐久間はなアニメヲタクだし、深澤はまゆげがブサイクだし〜」とその場にいない佐久間の名前を真っ先にだしている。(この時のゲストはふか、なべ、あべの3人)
かつこの収録を隠れて聞いていたさっくんの相手もしていた。

雑誌でもタッキーとの会話にやたらさっくんは登場してくるしで健ちゃんさっくん(Snow Manもだけど)大好きやん!!!

健ちゃんの厚い壁を壊したさっくんだけど、さっくんに何かしらの特徴というかこいつはすごいと思わせることがあったからこそ受け入れられたのかなと。

・裏でとにかくしっかりしてる(後輩への指導とか人への接し方とか)
・自分の厚い壁に対して屈することなく挑み続けた
・礼儀がなっている
さっくんのダンスが健ちゃんとしては好み
・いざという時に頼れる存在
・自分だけでなくV6メンバー総じて尊敬してくれているのが感じられる
・これからも育っていってほしい、Jrを引っ張っていってほしいという想いが強い(さっくんというよりかはスノに対して)
・アニヲタというギャップ+その強烈な印象


Jrのthe縦社会時代を生き、かつデビュー当時V6リーダーに叩き込まれた礼儀は、自分でしっかりやっているからこそそれが出来ない子は受け入れらないって言うのが少なからずあると思うんですよ。(色々あるけどお世話になった人へのお礼とかかなりマメにやっている。)

こるは当たり前かもしれないけど健ちゃん個人を尊敬するのはもちろん、V6のメンバーも尊敬してくれるような子じゃないと受け入れられないのではと。

ついでにいうと人間悪い所の方が目につき、その印象がついてしまうとそっちばかりが強くなるっていうのがあると思うんだけど健ちゃんは多分典型的なそのパターン。

だからもし稽古中とか本番中に一瞬でもそういう素振りがあったのならば健ちゃんはこんなに心を開いていなかった。周りをよく見てるし何気ない発言とかもしっかり覚えているけれど、稽古から歌舞伎本番を通じて一瞬でもそれを捉えることがなかったのだろう。

オマケ的にいうとアニヲタというのが普段とのギャップがあり健ちゃんの中では相当な印象が残ったのではと。


すごいよさっくん



健ちゃんとさっくんの絡みで最もビックリしたのは滝沢歌舞伎2016のDVDのメイキング。
健ちゃんがMaybeの手話の手の写真をとる時そこにSnow Manも同じタイミングで別撮影。
健ちゃんは手に青い絵の具を塗っての撮影だったのだが、その手をさっくんの衣装につけようと近づいてきたさっくんに健ちゃん自ら絡みに行ってる画。
え??健ちゃんからいってしかもあんなに近づいてる・・・仲良し、ふう〜♡ってびっくりしつつもなった。
メンバーにスキンシップが激しいのは知れたことなんだけどまさかJrとの間でこんなことをする日がくるとは・・・って感動したのは私だけではないはず(多分×∞)

で更には2016滝沢歌舞伎の「滝沢くん!健くんと佐久間を出会わせてくれてありがとうございます!!!」と舞台上で手紙を読んでからの締めの言葉。大爆笑。だけどこちらするとさっくん、逆にありがとう!っていう気持ちだった。

歌舞伎終わっちゃった〜今後絡みはどうなるかな〜と思ってたら2017も健ちゃんが滝沢歌舞伎に出演しそこでのやり取りも健ちゃんからの「佐久間はもういい!」とさっくんの「健くん、健くーん!!」のやりとりはもはや醍醐味であり、ちょいちょい流れてくる舞台上での健ちゃんとさっくんの絡みやら健ちゃんとタッキーのお化粧の最中の会話に登場するさっくんに対しては愛しさしかなくニヤニヤしながらレポを眺めていた(日本語おかしいけどあしからず)

統括するとさっくんが健ちゃんにガツガツいったことで、「こいつどうにかしてくれよ〜(笑)」と他のスノのメンバーとも絡む機会もあり、かつ他の5人も健ちゃんがダンス以外のところで受け入れられやすい後輩であったこと、ダンスに限らず色々なことができるスノ=芸達者な子というイメージがついたのではと。
こちらとしては健ちゃんと後輩の絡みが見れるのはとても嬉しいし、話をあちこちでだしてくれるようにしてくれたらさっくんにはとても感謝している次第。

トニセンもさっくんの存在はもちろん知っていて、「あいつはすごい」とラジオで話していたのを聞いた時は健ちゃんがメンバーに話すなんて(いい意味で)よっぽどなんだな〜と感じたこともおもいだした。

今年の滝沢歌舞伎ではお風呂に一緒に入ったり1幕と2幕の間に白粉を付けた健ちゃんがスノを追いかけ回すというようなエピソードを知って更に仲が深まったんだな〜♡ととにかく嬉しい気持ちでいっぱい。

歌舞伎は終わったけどまたどこかで何かの形で健ちゃんとスノ、歌舞伎出演Jrとの共演がどこかで見れますように。




最後にさっくんのセリフを借りて言わせていただく。





さっくん!健ちゃんとスノのみんなを繋いでくれてありがとう!!!色々言ってるけどなんだかんださっくんのこと大好きだからね!!!





さっくん、健ちゃんの心の鍵を開けたことは自信を持ってこれからの日々をお過ごしください(誰)。













以上、年齢の割に人より少しだけ健ちゃん長く見てきたいち、三宅担がお送りしました

自問自答を繰り返す

こんなはずじゃなかった
今日も普通に仕事に行くはずだった
休みますなんて電話かけたくなかった
昨日も代休で休んだのに今日もましてや本来行かねばならぬ会議もあった

けれど人間心のコントロールには勝てなかったし行ったところで負のオーラ全開にして周りに悪影響を及ぼすだけだったため、何を言われても何を思われてもいい、そういう決心だけはつき意を決して休んだ

なぜこんなにも追い詰められてるのか、単刀直入に言えば単純の職場環境がよろしくないから
というかある人の周囲への態度、配慮の無さが私の精神疾患を悪化させたようなものである

なぜ他人の他人への態度で私がこんな風にならねばいけないのか自分でも分からない。そんなん気にしなければいいじゃん、全くもってその通りだけどそこを流せない自分がいた。もっと重い仕事やってる人もいるのに、本来この人がやれば周りも多少は楽になるのに元がひねくれ人間のためそんなことばかり考えてしまう

その結果気持ち悪くなり気合いでどうにかこうにかなるものでなく引きこもりの寝たきりdayを過ごしている(過ごさざるを得ない)
寝ていても起きていても気持ち悪い

そして1人だと何を食べても美味しくない、何をしても満たされない、ヒキツリ笑いだけが上手くなりほんとの自分を出せるのは月に1回病院に行って先生と話をする時。そのほんの数分だけは本当の自分になり多少ネジがぬけても先生は真摯に相談にのってくれる。

生まれながらにもった性質だから治せと言われてもそう簡単に治せるものではない。
明日は外出で会わなくてすむため何がなんでも行く。なぜ休んだのか絶対バレてるはずだから事情聴取はくらうかもしれない。その時は適当にはぐらかして逃げる。

度重なる人の異動で素晴らしい人達が次から次へといなくなり、私のメンタルをえぐる人(何かとあからさまに仕事に文句をつける人)、何年も経ってはいるのにマイペースで仕事をして周りに影響を及ぼす人などなど。若手だからと言われ次から次へと与えられるけとそこには経験を何度か積んだ人もしくは責任上私のような若手がやるものではないものだって含まれている

仕事なんて甘いものじゃない、こういうものだと耐えてここまでやってきた
そらは休んだのところで体調管理ができていない、そんなん社会人としては普通のことなんだからやわすぎると言われることがあるから。

心と仕事が追いつかない。
それは私の考え方がいけないのか。何がなんだか自分でも分からない。

何だかんだグダグダ書いたけど心に爆弾抱えながらも明日は仕事に行く
お金がないとやりたいことすら出来なくなってしまうからー

「今日行かなきゃ明日行けなくなるよ?」
「そうだよねぇ・・・・・しょうがない行くしかない・・・・・」

そんな自問自答を続けながら私は平日を生きている。

V6 20周年anniversary tour

9月20日。10年ぶりにV6のコンサートに行ってきた。

とにかく楽しみでしかなかった。セトリは一切見なかったが、行った人の感想を見ると「記憶にない」「すごすぎる」というようなもの。とりあえずすごいんだろうなという軽い気持ちで会場へ行った。

 

しかし開始早々その想像をはるかに超えたパフォーマンスをしてきた。とにかく1曲1曲の懲り具合がすごい。照明もスクリーンの演出もほんと何もかもがすごかった。

すごい、なにこれこの言葉しか浮かばなかった。コンサートの感覚がなく家でDVDを見ているような感じで現実を受け止められない自分がいた。公演終了後にはこんな世界があったのかと言葉を失った。他のグループのコンサートに行くとあそこが特段かっこよかった、ほんとやばい、キラキラしていたなどどちらかといえば浮足だったような感情が多かった。だが今回は違った。こんな感情初めてだった。

 

かっこいいとかわいいを交互に見せてくるV6。ギャップがあり、大人の色気。

MCではJUMPの話をしたりお互いの風呂話をしたりととにかくわちゃわちゃしてた。

剛健エピソードに、岡田さん安定の「伊野尾がかわいい」発言。笑いすぎておなか痛かったw

 

あっという間の3時間。他のグループのコンサートもちょいちょい足を運んでいるけれどやはり私の落ち着く場所はV6なんだなと。

いのっちが最後のあいさつ「他のグループに行ってもいいんです。また戻ってきてくれれば」優しい・・・。

 

なんだかすごく浅はかな短文羅列感想でしかないがこれ以上の言葉が思い浮かばない。

幼少期のころに焼き付けた世界は思っていた以上に今に影響を及ぼしている。

次はいつ行けるかわからないが一旦、キリをつける。

ありがとうV6。大好きです。学校へ行こうも楽しみにしてます。

残りの公演も無事に終わりますように。ファンにとってもメンバーにとっても素晴らしい公演になりますように。心からお祈りしています。

 

20周年本当におめでとうございます!!!!!!

素晴らしい公演を見せていただき、本当にありがとうございました!!!!!!

 

 

 

 

Dream Boys ~ユウマVer.~

かれこれユウマVer.ドリボに行ってから1ヵ月弱。今更の備忘録。

席はそれなり双眼鏡無しでもOKな上手側。
金髪優馬が登場。綺麗な顔してる・・・・・ま、眩しい・・・・・
最初はこの感想。
続いて風磨とマリちゃんもでてくるわけなんだが帝劇に立っているマリちゃんはそれそれは美しかった。
3人がフライングやるところでマリちゃんだけが服の布(?)をひらひら前後にやっていてほんとピーターパン。
ふまたんは相変わらずふまたんであ~もうなんか痩せたけど可愛い~♡みたいになってた←

バックはやっさん美勇人萩ちゃんさなぴーはんますがいてテンション上がった。

まさかの劇中にちょいちょい歌ぶっ混んできたのがびっくりで、It's going down の時にはテンションMAX。
初めて生で見れたのがすごい嬉しかった!
舞台なのにこういうパフォーマンスやるんだ、へぇ・・・・・なんか得した♡って感じでした←

途中
安井「マリウス!最近君と仲良しの猿島くんじゃなかった松島君元気?」
マリ「うん!すっごく元気だよ」
安井「じゃあマリウス!そんな松島君に向かってありがとうってドイツ語で言おうか!」
マリ「ダンケシェーン!!」
安井「そう、次の曲はダンケシェーン!(ポチッ)」

このくだりがめっちゃ可愛かったし聡くんいるからアドリブでぶっ混んできたやっさん流石だなと。やっさんとマリちゃん可愛かったしはんます美勇人と背の大きい組が踊ってる姿もまた可愛かった(語彙力無し)

客席登場もちょいちょいあったんだけど美勇人とかやっさんが通る側だったから優馬見つつガン見。美勇人めちゃくちゃ顔小さいしスタイルいいしで気づいたら追ってた、ええ。

でもってストーリー自体はどんどん進み風磨がやられて病院行って以降のシーンの風磨のカスれた声がほんとに辛そうでいやだ、いやだ、生きてくれ死なないで!って自分がリアルな現場に立ち会っているかのような気持ちに。

他にもユウマが死んだ風磨と出会う所はアドリブ満載でやってる本人達も笑ってた。
「そこんとこYOLO moment (ビシッ)」からの「でもこうやって馬鹿やってさあ」の流れがすごく自然だった。自分で笑いに変えて自分で自然と基のストーリーの中に話を戻すのって難しそうに見えるのに・・・・・見る度ふまたん進化してる、すごい。

今回紫吹さんともう1人宝塚出身(と思われる、名前忘れた)の人がでてたわけだが声量が半端じゃない。特に歌声は響いてて迫力あった。
紫吹さん足めっちゃ長くて同じ人類まして同じ性別だなんて信じたくなかった←
マリちゃんと紫吹さんが一緒に歌っててステージ上に2人しかいない時は完全に宝塚のステージだった。紫吹さんにもやられた。

そんなこんなで感動しっきりのままラストを迎えshow timeへ。

YOLOとかFOREVERとか後はドラム演奏もあってそれはそれは楽しかった。上手側やっさんと美勇人が多かったんだけど美勇人のダンスがまぁ綺麗。めっちゃ動きがしなやか。格好いいのにテレビじゃポンコツ披露してて今回は前者を見れたからギャップ弱い人間撃沈。

とにかく皆まとめてカッコイイ(当たり前)

ドリボ初見だったけど涙あり笑いありかつ歌のパフォーマンスありで楽しかった!ゆうまわるとかフライングとか見所はほんとに沢山あってthe Johnny'sの舞台。
思い出して書いてたらJWに13月探しに行きたくなったきたから行っちゃう!

大変今更だけど出演者の皆様ほんとにお疲れ様でした!
素晴らしい舞台をありがとう!

ふまけんしょりファン感謝祭イベント in TDC

行ってきました。ふまけんしょり感謝祭イベントin TDC。正直3人か~(申し込み時は5人と思って申し込んだが蓋開けてみたら3人だったため)という残念は気持ちはあったものの行ったら行ったで悔しい位楽しかった!!!!


f:id:sninmmo:20150816192202j:plain


春コンでMCがなかったから今回MC(という名のファンからの質問に答える時間)があったこともあるのかな~なんて。

細かいやりとりは省略
ちょいちょい聡マリの話を出すふまたんにはふまたんんんん(;Д;)(;Д;)ってなった
自然と出すあたり流石(T_T)

個人的MVP発言はファンからの
「宝物はなんですか???」の質問に対して
(o´ω`o)「Sexy Zone!あ、5人ver.で♡」って答えたことです←

事務所のセクゾ界隈の大人達きいてた???????(声を大にして言う)
メンバーがそう言ってますよ?????

歌の方はふまけんがシンメで歌うのがいくつかあってふまけん好き人間にはたまりませんでした←
それぞれのソロは個性が溢れててメロメロでした。(以下ソロだけざっと解説)

*けんてぃーソロ
1.BlackCinderella
真っ黒ズボンだから足の長さがあらわ。
足なっが!!!(超今更)
腰振りは少クラの映像で見るより迫力(?)があっておうふっ・・・・・てなった(笑)
バックの長妻めっちゃカッコよかった←

2.カレカノ
CANDYに続くけんてぃーならではの曲
ベースどこまで弾いてたんだろ
カレカノけんてぃー!!!」のC&RはCANDYぶりの感じでめっちゃ楽しかった(笑)

*ふまたんソロ
1.rouge
まさかのrouge(泣)
しなやかなダンスで声がとにかく響く響く。
ふまたんの音階の広さは何回聞いても尊敬する。

2.My lovin' Seasons
髪しばりふまたん。女子い・・・・・肌白い、もちもち・・・・・
ラップが翔くんみたいな感じで継承してるんだなと(あくまで憶測)
優しいメロディーで個人的には好き。
てかふまたんのソロは毎回私の好きなところをついてくる。

*勝利ソロ
1.好きだよ
か、わ、い、い!!!!
可愛い以外言葉が思い浮かばない(語彙力なし)
制服着てたけどそうかもう高校生じゃないんだ・・・・・って成長を感じました(誰)

2.まだ見ぬ景色
帝王感が半端じゃない
黒の衣装に赤い照明での演出
すごく大きく見えた
ダンスもこっててJr.を仕えて歌っているように見えた
いつかV6の森田さんと一緒にBIRTHあたり歌ってほしい(色々混ざってる)

ソロ以外は久しぶりに君とmilkywayとか名前のない想い聞いたんだけど歌割りが変わってて新鮮なところもあっていいじゃんと思う一方とCha-Cha-Cha チャンピオンのカップリングとかの新曲も歌っててこれ5人ならもっと可愛いだろうなぁってどうしても5人での姿を思い描いてしまってもいた。

だから事務所、早く5人に戻してください(全力祈願)

今回は席に恵まれ、お立ち台ほぼゼロズレで何回か3人を見れたのということもあり興奮しっぱなし。皆顔小さくて足長くてキラキラ輝いててとても本当にカッコよかった!!!

公演もう少し続くので体調にはくれぐれも気をつけて夏を乗り切ってください!
そしてまたあの場所に5人で戻ってきてほしいなという個人的意見。

まぁなんにせよ現場って楽しいね(若いファン多くて怖かったけど)
幸せな楽しい時間をありがとう!!!!


f:id:sninmmo:20150816192139j:plain

なんだかんだV6

V6デビュー20周年というとことで世界がどんどんまわっている。

ついていけない。アルバムはデビュー曲からこれまでのものがすべて収録されており、特典映像はA,Bそれぞれ異なるものが収録されているという大変ボリューミー。嬉しいけれども金・・・。

更には渋谷のスクリーンジャックにVS嵐出演。ベストヒットアーティストではスペシャルメドレー披露。10周年の時ここまでやってないからね。さすが20周年(開き直り)

 

普段あまり6人でテレビに出る機会がないのでこちらとしてはそういう意味では万々歳。

VS嵐はずっと待ち続けていたからほんとにうれしかった。初っ端の今田さんの「嵐は昔V6の後ろで踊ってたんでしょ?」の一言からTAKE ME~を踊る。めっちゃテンション上がった。一番最初に踊りだしたのが剛つんで一番最後まで踊っていたのも剛つん。ぎゃふん(言葉にならない気持ち)。豪華。永久保存。

番組内では終始敵である嵐に対して対抗心を燃やすわけではなく「嵐頑張れ!」とエールを送ってしまうおじさん達。どんだけいい人達なんだ(涙)。だいぶカットされた感はあったけどもう大満足。あとは長野さんの猪の脊髄と脳みそのしゃぶしゃぶ食べた発言MVP。先日のMステでのウーパールーパー発言に引き続き茶の間におお・・・すごい感を与えてくれたね。

 

でもって昨日のMUSIC DAY。めっちゃ楽しみだった。コラボユニ剛つんがBIRTHと知った時点でこれは間違いない感。坂本さんのVenusはちょっとずれてたけど山ちゃんとのツーショットはまるで親子のよう。長野さんのウィークエンダーは可愛い。必死に降り覚えた感。でも許す。とにかく可愛い。いのっちはええじゃないかで一緒に歌うメンバーに絡みに行って盛り上げる。さすが。剛つんのBIRHTは神。センターで踊る一番背の低いはずの剛つんが一番大きく見えた。不思議。健ちゃんの無責任ヒーローは終始無邪気な表情。間違いない(何が)。岡田様のOne Loveは鳥肌たった。剛さんとの「百年先も~」はやばい。あの会場が一瞬静まり返った(ように見えた)

准剛最高(泣)

 

2015年下期おめでとう!!!!!!から2時間後。

きましたV6。まさかWA~はないだろうwwwと思っていたらまさかのWA。

ずこーってなったのは言うまでもなし。からのMFTP。デビュー曲をここまでかっこよくしかも当時と同じように足を思いっきりあげてガッツリ歌う。かっこよすぎ(昇天)でDarlig、愛なんだ。はぁ~お疲れ様。と思ったらTAKE ME~。ちょいちょいちょい。剛つんフリ一番びしっと決まってる。フリが好きな曲だからガッツリ見入ってしまったよね。

よし、終わったと思ったらまさかのWait for you。新曲TV初披露。さすが20周年やることが違う。剛つんのソロから始まり健ちゃんのソロにつながるという甘い声の連続メロディー。上へ上へという歌詞。一体本人たちはどこを目指しどこに向かっているのだろうか。

 

最高。神。これこそV6。

こんな演出されたらますます目が離せなくなる。これからが楽しみすぎる。

 

8月からのツアーは運よく当たったので9月の横アリ行ってきます。

とにかく楽しみがいっぱい!

それを糧に明日からまた仕事頑張ります。←

(最後まとめ方雑)